不安でいっぱいの1日目。最初の頃はとても人見知りで本当に静かな子だった。


子犬が初めてお家にやって来た日。

昼間はお散歩したり楽しく一緒に遊んでいても、夜に寝てくれないと心配になりますね。

子犬も初めてのお家なので、不安を感じていたり、敏感になっています。

そんな時、先輩の愛犬家の皆さんはどうしていたのでしょう?

子犬が寝ない時の対処法とぐっすり眠らせるために準備した事教えてもらいましょう!

お家にお迎えした時は、生後何か月でしたか?

3か月

子犬を飼おうと思った理由は?

自分がお世話をできるタイミングと時期が合っていたため。

ずっと飼いたいと思っていたが、それまでなかなか機会がなかった。

初日の夜の様子はどうでした?

サークルの中に寝床とトイレを設置後は動かさないこと。

構いたい気持ちを抑えて、静かにすること。

優しい声かけはしていた。

もらうときに頂いた、ずっと一緒にいたというぬいぐるみを側に置いてあげた。

子犬が快適に眠れるためにどんな準備を?

とても大人しく、夜泣きなどせずに静かにサークルにいた。

心配で何度も暗い中確認したが、丸くなって寝ていたような気がする。

それと、もらってきたときに子犬の風邪ケンネルコフにかかっていたので、少し元気がなかったのかもしれない。

最初の頃はとても人見知りで本当に静かな子だった。

抱っこしていてオシッコをしてしまったことがあり、降りたいと意思表示ができるようになったのはもう少し先のことである。

子犬を初めて飼う人にアドバイスをお願いします。

初めて犬を飼ったので、迎え入れる前からしつけなど書かれた本を買いひたすら読んだ。

わからないながらにもイメージトレーニングをしていて、期待が膨らんでいた。

いざ迎え入れると、とても大人しく従順ないい子であった。

にもかかわらず、本で得た知識で頭でっかちになっていた家族は、しつけや守らせること、教え込むことばかりに躍起になっていて、今思うともっと心のケアや幼少期の愛情かけに意識を向けるべきだったと思う。

また、予防接種が終わり次第、外の世界や知らない人、知らないものに触れさせる機会をたくさんもったほうがいいと感じた。

 

子犬の育て方で悩んだ時は・・・

病気や怪我の時は不安になりますね。

また、しつけや食事なども犬種によって違うので、子犬を育てる時に悩むことも多いものです。

そんな時にチェックしたいのがこのサイト。

 

犬種、年齢別など細かい設定で愛犬家の皆さんに質問することができるんです。

◎自分と似た飼い主さんが見つかる!

◎同じ犬種、年齢の飼い主さんが見つかる!

◎飼い主さんが実際に経験した困りごとや対処法が豊富。

これまで知らなかったノウハウがみつかり、ペットともっと良い関係になれます。

登録料など一切かかりません。悩んでいる時にホントに役立ちます。

犬猫に特化したお悩み情報サイトはこちら