成犬になってから我が家に来た保護犬。終始おちつかない様子で少し切なくなったけれど


子犬が初めてお家にやって来た日。

昼間はお散歩したり楽しく一緒に遊んでいても、夜に寝てくれないと心配になりますね。

子犬も初めてのお家なので、不安を感じていたり、敏感になっています。

そんな時、先輩の愛犬家の皆さんはどうしていたのでしょう?

子犬が寝ない時の対処法とぐっすり眠らせるために準備した事教えてもらいましょう!

お家にお迎えした時は、生後何か月でしたか?

1歳半

子犬を飼おうと思った理由は?

家族みんな犬が大好きで、いつか飼いたいと考えていました。

一軒家に引っ越したタイミングで飼う事を決断しました。

初日の夜の様子はどうでした?

まずは広めのゲージを準備し、ベッドを置いてフワフワの毛布で快適な場所を確保しました。

わんこが来たのが冬だったため、ゲージの上から毛布をかけて寒くないようにし、同時にすこし暗くなるようにセッティングしました

子犬が快適に眠れるためにどんな準備を?

成犬になってから我が家に来た保護犬だったため、終始おちつかない様子でリビングのドアの前で座っていました。

眠くなっても横にならず、ドアに背中を預けたままうつらうつらしているのを見て少し切なくなりました。

3日ほどたち、ようやく自分からケージに入って眠るようになりました。

我が家ではケージの扉は開きっぱなしです。

現在(わんこが来てから9年目)は一緒のベッドで一緒の布団に入って眠っています。

子犬を初めて飼う人にアドバイスをお願いします。

わんこが初めて家に来ると大人も子供もテンションが上がってワンコを構いたくなります。

でもワンコは新しい環境で新しい人間がいて非常に神経を張り巡らしています。

落ち着くまでは静かに見守ってあげて、安心できる場所だと教えてあげることが大切だと思います。

 

子犬の育て方で悩んだ時は・・・

病気や怪我の時は不安になりますね。

また、しつけや食事なども犬種によって違うので、子犬を育てる時に悩むことも多いものです。

そんな時にチェックしたいのがこのサイト。

 

犬種、年齢別など細かい設定で愛犬家の皆さんに質問することができるんです。

◎自分と似た飼い主さんが見つかる!

◎同じ犬種、年齢の飼い主さんが見つかる!

◎飼い主さんが実際に経験した困りごとや対処法が豊富。

これまで知らなかったノウハウがみつかり、ペットともっと良い関係になれます。

登録料など一切かかりません。悩んでいる時にホントに役立ちます。

犬猫に特化したお悩み情報サイトはこちら